秋の味覚続々登場!

梅雨明けが遅くあっという間に夏が過ぎ去った今年、衣替えを始められた方も多いのではないでしょうか?
デイブレイクでは、秋の味覚が楽しめて、
色合いもちょっと秋を感じる桃・梨・ぶどうミックスをつくりました。この時期ならではのミックスのストーリーをお伝えします。

 

 

これらのフルーツは、どうしてロスになってしまったのでしょうか。

桃(渡辺果樹園のあかつき、川中島白桃)
桃は、色のばらつきでロスになってしまうことの多いフルーツ。
深く色づいているところは甘く、白っぽいところは味が薄いため、味や見た目のバランスから、色がまばらなものはロスになってしまうといいます。そのほかにも、小さなキズがついてしまったものや、ほんのすこしだけ左右対称ではないものもロスに・・・。

桃を育ててくださっている渡辺果樹園では、自然と農業の共存できるように安心安全に努める方針で栽培されています。有機肥料のみを使用する減農薬栽培を行ない育てられた桃たちはうまみやコクがあって格別です!

 

 

梨(伊達さんの幸水・豊水)
梨(幸水)は、小さいものやキズがあるもの、完熟していて、流通できない
ことが理由でロスになっています。完熟なら美味しいんじゃないの?と感じられるかもしれませんが、実は多くの農家さんが抱える悩みです。完熟した状態で出荷したいけれど、流通過程で痛んでしまう恐れから、早採りをせざるを得ない。収穫が遅れ、完熟したものは、ロスになってしまうこともあるんです。今年は例年と比べて気温が高かったことで傷みやすくなってしまったことも理由です

ちなみに梨は、緑(すっぱい)、黄緑(少しすっぱい)、黄色(甘さとすっぱさのバランスがいい)、茶色(甘さが強い)の順に甘く、大きくて黄色いものが甘くて美味しいといわれています。HenoHenoでは、黄色に色づいた梨を使用しているので、冷凍しても甘味がしっかり残っています。一般的には冷凍に向かない水分の多い果物なので、冷凍梨は食べたことのない人も多いのではないでしょうか。伊達さんの一番美味しい完熟(過熟)の状態の梨はジューシーでシャリ感もあって最高です!

 

 

ぶどう(斎藤さん・島津さんのピオーネ、大橋さんの巨峰)
ぶどうは、粒ぞろいの悪い房や脱粒(粒が取れてしまうこと)があると規格外として扱われてしまいます。味はおいしいのに見た目だけで判断され、多くのロスが発生してしまうといいます。(写真左齋藤さん、写真右大橋さん)

 

紫(黒)色のぶどうの皮には、ポリフェノールの一種のアントシアニンが豊富に含まれています。デイブレイクでは、無農薬や減農薬にこだわる農家さんから仕入れるフルーツが多いことに加え、しっかりと滅菌しているため、ぜひ皮ごとサクサクお召上がりください。とっても甘くて美味しいです!
また、お得パックではピオーネ、巨峰、ゴルビーを種類別での販売を開始しました!お好きな品種を選んでいただくことも良し!食べ比べも良し!です。(内容量を見直しお求めやすい価格になりました!)

秋が訪れ、季節の変わり目に体調を崩す人も多い時期。毎日の手軽なおやつとして、ときには生産者の想いをかみしめながら、HenoHenoを召し上がっていただけたら嬉しいです。

 

 

秋の小分けミックス6パック

 

Instagram : henoheno_fruits
Facebook : henohenofruits