10月16日は世界食糧デー

世界の食料問題について一緒に考えてみましょう。

 

1945年10月16日に国連食糧農業機関(FAO)が創設されたことを記念し、毎年10月16日は、世界の食料問題を考える日として、国連により1981年から「世界食料デー」として定められています。これは、飢餓に苦しむ人々、全ての人々に健康的な食事を確保する必要性について、世界的な意識喚起と行動を促す国連の記念日であり、世界の一人ひとりが協力し合い、世界に広がる栄養不良、飢餓、極度の貧困を解決していくことを目的としたものです。(農林水産省HPより)

 

途上国のとある地域では、
せっかく収穫したのにも関わらず、それを町や市場に届けるための手段がなかったり、適切に保存することができなかったり、というので捨てられてしまう食料がたくさんあります。

日本のとある生産地では、
丹精込めて作られたのにも関わらず、見た目で判断されてしまい、人の手に渡ることなく行き場を失ってしまう果物や野菜がたくさんあります。


背景や理由はさまざまに、
ほんとうにたくさんの食べ物が
捨てられています。
そして同時に、
ほんとうにたくさんの人が
食べ物を必要としています。

HenoHenoは、農家さんが愛情をもって作られたにも関わらず完熟や少しのキズなどが理由で市場に出回らずロスとなってしまったもののみを使用しています。ロスと言っても決して美味しくないわけではなく、実際に食べてみるとロスとなってしまう理由が全く理解できないくらい美味しいフルーツばかりです。この美味しいフルーツを一番美味しい旬の状態で瞬間冷凍することで、いつでもどこでも旬を味わうことを可能としています!

HenoHenoを食べながら、フードロスの問題について家族や身の回りの方とお話ししてみてはいかがでしょうか?

そして本日、フードロスに貢献しつつ健康にも良い食べ比べパックを販売開始します!いそがしい朝もゆっくりしたい夜もあなたに寄り添ってサポートします!

私と一緒に準備しよう-朝編-

 私と一緒に準備しよう-夜編-

Instagram : henoheno_fruits
Facebook : henohenofruits